[12月30日(土)]
ベルリン
今日から本格的にベルリン観光だ。旧東ベルリン側はトラムが発達していて便利だ。
17ベルリントラムの詳しいレポートはこちらを参照してください
旧東ドイツの遺産からベルリンを代表するマスコットになったアンペルマン。意外と街中で見かける機会は少ない。
ベルリンの壁が崩壊してから大分立つが、壁が壊された跡にはこのような記念碑があちこち建てられている。
最初に訪れたのはハンブルク駅現代美術館。ややこしいがベルリンからハンブルク方面に向かうかつての鉄道駅を美術館に改装したものだ。
ハンブルク現代美術館の詳しいレポートはこちらを参照してください
ベルリン市内は公共交通網が発達していて便利だ。これは近郊区間を走るSバーン。
17ベルリンSバーンの詳しいレポートはこちらを参照してください
ベルリン市内を縦横に走っている地下鉄・Uバーン。今でも東ドイツ時代の車両が走っている路線もある。
17ベルリンUバーンの詳しいレポートはこちらを参照してください
次はベルリンの壁が一番長く保存されているイーストサイドギャラリーへ。以前よりも壁の落書きが少なくなりきれいになったようだ。
17イーストサイドギャラリーの詳しいレポートはこちらを参照してください
東ドイツ内でほぼ完璧な監視網を築き上げた秘密警察・シュタージの本部。それが今では博物館になっていて当時の様子を見ることができる。
17シュタージ博物館の詳しいレポートはこちらを参照してください
夜は国立歌劇場でラ・ボエームを鑑賞。この劇場、今年の9月のシーズン開始からリニューアルオープンして綺麗だった。
17ベルリン国立歌劇場の詳しいレポートはこちらを参照してください
オペラ鑑賞後は歩いてホテルへ。その途中、というかホテルの目の前にあるジャンダルメンマルクトではクリスマスマーケットが開かれていたので寄ってみた。クリスマスは過ぎてしまったが、本場ヨーロッパのクリスマスの雰囲気を楽しむことができた。
ジャンダルメンマルクトの詳しいレポートはこちらを参照してください
12/29・12/31
2017〜18・ヨーロッパ旅行のトップに戻る
旅行のトップに戻る
トップに戻る